FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

救命講習の勧め

私たちは、日常生活や仕事の中で、当然事故などが起こらないように
気をつけて行動はしているわけですが、巻き込まれたりという事も含め
事故の可能性は、常に0ではありません。

そのため、事故・怪我の予防の努めの他に、実際に起こってしまった時に、被害を
最小限にするために何ができるかということが重要になると思います。

私はその準備の一つとして、上級救命講習を受けています。

121128_154418.jpg

今回、ガイド仲間達と共に地元の消防職員の方たちから受講をしました。
もう、数回目の受講という人が多かったこともあり、前回からの変更点などを確認しながら
講習自体は淡々と進んでいきます。
救命処置としては、意識・呼吸がない場合、直ちに心肺蘇生に入るのですが、
胸骨圧迫は、強く・速く・絶え間なくということが、以前より強調されている指針に
なっているようです。

心肺蘇生とAED使用については、成人・小児・乳児それぞれの人形を使い確認していきました。
121128_140104.jpg(乳児の人形は、結構リアルな感じでした)

止血法・搬送法なども含め、講習8時間。
私も上級救命講習も3回目の受講になるので、多少の変更点などはあるものの、講習内容の
理解度は高まってきたかなと感じて帰ってきました。
しかし、後日、その時にやったペーパーテストの結果が帰ってくると間違えている箇所が・・・。
理解度は、自分が感じているほど高くはないようです・・・。

次回こそは満点を目指します。
前回もそう思っていたと思います。

上級救命講習も上級とはありますが、そこまで高い専門的な講習というわけではありません。
一般の方でも十分理解できて、なおかつ、万が一の時に役に立つ技能なので、一度受講する価値は
あると思います。
講習の中でも、家族の内1人だけしか救命処置できないとその人が倒れた時に何もできないが、2人救命処置ができると家族の誰が倒れても救命処置ができる人がいる体制となるので、できるだけ多くの人に受講をしてもらいたい
というお話が出ていました。
AEDを触った事がないという方は、普通救命講習でも受講してみるといいと思いますよ。
2012年11月30日 | Comments(0) | Trackback(0) | 北の暮らし
コメント

管理者だけに表示する

Fecebook

リンク

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。