FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

The day in Mt.Otiai

3月に入り、気温は上がり、路肩の草も見え始め、
雪が降っても湿雪で、平地は少しずつ春の気配を感じさせる最近ですが。

2月の終わり、極上のパウダーを近所のお山で味わってきました。

お隣さんと友人2人と家の前で集合し、テレブーツ・アルペンブーツを履き
そのまま、徒歩3分で、スキーを履いて登り始めます。

登りは、3時間ちょっと。
長いといえば、長いですかね。
でも、途中、良いコンディションの雪を踏みしめながら、早く滑ってしまいたい衝動や
よだれを押さえながら、落合岳山頂を目指す時間はテンションが上がります。
s-画像 4275

また、途中ガスったり、視界が一時悪くなったりしたのですが、山頂に着く頃には
風はあるももの、視界クリア、青空も垣間見え、周りの山々も見え、トマム山も望めます。
s-画像 4283

目下には、全面ノートラックのパウダーゾーンが。
みんなウホウホ言いながら、思い思いのシュプールを刻みます。
s-画像 4292
(SEIJI)
s-mtochiai20120228040.jpg
(HARUKI)
s-画像 4314
(KO-SUKE)
s-mtochiai20120228027.jpg
(MATSU)
登り返しては、また、雄たけびをあげる。

何度登り返しても、楽しめそうな今日のコンディション。
しかし、時間は刻々と進み、至福の時間はあっという間。

私にとっては、今シーズン一番のパウダーで、まさにTHE DAYというに
ふさわしい1日でした。

みんなにこにこで下山し、時間をかけて登っただけの喜びを存分に味わった一行でした。
s-画像 4330







コメント

管理者だけに表示する

Fecebook

リンク

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。